基礎代謝量をアップすれば痩せられる!

日々さまざまなダイエット法が発信されていますが、それら全てに通ずるといっても過言でなく、また現在、ダイエット法の基本とされているのが、基礎代謝量をアップすればダイエットが楽に行えて、健康的に痩せられるということです。

しかし、中には、どう考えても物理的、科学的に理解できないウソやまやかしのダイエット法も存在しているので、そのダイエット法の中身をよく吟味しなければなりません。

では、基礎代謝とは、一体何なのでしょうか?

基礎代謝とは、簡単にいえば、特別な運動をしなくても、ただじっとしているだけで消費されるエネルギーのことです。

何故、ただじっとしているだけでエネルギーが消費されるかというと、人は生きている以上、体を動かさなくても各種臓器は働いていますし、体温を維持しなければなりませんし、呼吸もします。

このように人が生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費のことで、寝ている時や何もしないでじっとしている時でも常に消費されており、ダイエットを行う上では、とても都合の良い消費エネルギーとなります。

一般的に、ダイエットのための運動と聞くと、多くの人が、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミングなどの有酸素運動を挙げると思います。

実際に、これらの有酸素運動は、体脂肪を燃焼する効果があって、気軽に行えるので、とても人気のある運動で"ダイエットの王道"とまでいわれています。

ですが、その効果はほんの微々たるものです。

例えば、1~2時間ほど、外に出てウォーキングをしたとしても、それで燃焼できる体脂肪は、ほんの数グラムにしかなりません。

時間をたくさんかける割には、その効果は微々たるもので、効率が悪いというわけです。

これに対して、基礎代謝は、1日の総消費エネルギー量の約60~70%を占めています。

これだけ多くを占めている消費エネルギーを、さらにアップすることができれば、痩せやすい体になってダイエットが楽に行えるということになります。

通り抜ける青春に迷って・・・

そして、人の体の中で、最も多く基礎代謝として消費してくれる器官は、筋肉になります。

なので、筋力トレーニングで鍛えて筋肉量を増やせば、自動的に基礎代謝量がアップすることになります。

基礎代謝量のアップは、筋力トレーニングが一番ですが、日頃から、背筋を伸ばしたりして正しい姿勢を心がけ、椅子に座っている時も背もたれに寄りかからないなど、自身の腹筋や背筋を使うことを意識しましょう。

こういったことを意識するだけで、普段あまり使っていない筋肉を使うことになり、結果として、筋肉を鍛えて基礎代謝量のアップにつながります。